なぜミャンマーなのかReason

「アジア最後のフロンティア」と呼ばれるミャンマーは、人口約5,400 万人、国土面積は日本の約1.8 倍の肥沃な大地に恵まれた農業国。国民のおよそ90%が敬虔な仏教徒であり、温和で真面目な国民性は日本人と価値観が合うと言われています。

また、日本語適応力が極めて高く、学習開始後半年から一年程度で日常会話ができるレベルに到達します。ミャンマー語が日本語の語順・文法と類似している点や130 種以上の民族、40 以上の言語が混在するミャンマー人特有の潜在的言語能力の高さがその要因であると考えられています。

ミャンマーには日本での就労を希望する多くの優秀な若手人材がおり、OTA FACTORYは人材不足にお悩みの企業様との橋渡し役を担います。

ミャンマーと日本
ミャンマーの遺跡
ミャンマーの人材

ポポ アウンとのつながりPo Po Aung

OTA FACTORYは、ミャンマー政府認定の取次機関であるポポ アウン株式会社(PO PO AUNG Co., Ltd)と提携し、日本側の総合窓口を担います。

ミャンマー国内最大級規模のポポ アウンでは、日本語教育や日本の労働環境に即した事前研修にも力を入れ、日本で働く意欲のある優秀なミャンマー人材が多数在籍しています。また、OTA FACTORYでは各種申請や支援業務をはじめ、人材が長く定着するサポートも行っております。

OTA FACTORYの人材サービスは、優秀なミャンマー人材を雇用したい企業様はもちろん、お取引先様に人材を紹介したい有料職業紹介事業者様・登録支援機関様・技能実習監理団体様まで幅広くご利用いただけます。

代表者ポポ・アウン
ポポアウン ロゴマーク
ポポ アウン オフィス

介護分野での強みNursing care field

OTA FACTORYがご紹介する人材において、特に強みを持つのが介護分野での人材です。日本の介護における現場では長く人員不足が問題となっており、この対策が急務とされています。

もともとミャンマー人は大家族であることが多く、祖父母とともに生活している家庭が多くを占めているため、お年寄りの世話をすることに慣れていると言われています。また、弊社と提携するポポ アウンでは介護職研修の際に日本の実際の介護現場を想定した質の高い日本語教育と介護実技教育を行うだけではなく、介護に関する知識と理解の深化を図り、介護職員として必要なマインドを備えた「日本の介護現場」に即した人材を養成しております。

今後、OTA FACTORYでは来日したミャンマー人材が介護福祉士資格を取得するまでのカリキュラムも導入し、優秀なミャンマー人材がより多く、より長く日本の介護現場に貢献できるよう体制を整備してまいります。

介護するミャンマー人スタッフ
日本の介護ベッドを使用した研修
ミャンマー人スタッフ一同